次世代型の水サーバーを比較しよう

水サーバーをもっと比較してみましょう。水サーバーの中には、次世代型水サーバーということを売りにしているものもあります。次世代型水サーバーとはどういう意味なのでしょうか。それは、ボトル内へ空気の侵入をギリギリまで防いでくれる、クリーンエアシステムという特許を取得した水サーバーです。

水サーバーを比較する中で、天然水を選択することも出来ます。バナジウムが含まれたお水や、有機ゲルマニウムが含まれたお水、更に京都の軟水など、いろいろなお水を比較してみましょう。あなたの家庭では、どのお水がいいかということが次第にわかってくるはずです。

水サーバーを比較する際に重要な安全性についても、業者はかなり独自の拘りを持っており、例えば専門の検査機関によって、放射性物質(ヨウ素・セシウム)が原水へ与える影響、更に残留状況の検査などを定期的に行っているところもあります。

お水の料金を比較すると、天然水の種類によって変わってきますが、12Lで二千円程度から利用できるものもあります。サーバーレンタル料、メンテナンス料は無料で使用することが出来るところを選べば、安心して利用することが出来るでしょう。更に容器に対しての比較もしておきましょう。水サーバーの中には、潰すことが出来る使い切りタイプの容器がおすすめです。回収などにかかる手間が省けるからです。